INFORMATION (財団からのお知らせ)

特別展 「イタリア・ファエンツァが育んだ色の魔術師―グェッリーノ・トラモンティ展」

 

瀬戸市文化センター開館30周年記念 瀬戸市美術館特別展
イタリア・ファエンツァが育んだ色の魔術師
グェッリーノ・トラモンティ展

イタリアのファエンツァ市は、フランス語で陶器を意味するファイアンスの語源となったヨーロッパでは有名な陶都として、また、マジョリカ焼の産地として古くから知られています。市内には100年を迎えるファエンツァ国際陶芸美術館をはじめ、国立窯業試験場、国立陶芸美術学校があり、今もなお、陶芸の発信地としての役割を担っています。
 そのファエンツァ市出身の芸術家、グェッリーノ・トラモンティ(1915~1992)は、早くから才能を発揮し、初期にはテラコッタによる彫刻を手掛け、その後、陶芸家として、また画家としても活躍しました。トラモンティの陶芸作品は、色彩豊かな絵付けを施した陶板や、量感のあるフォルムに結晶釉を施した器物、厚手のガラス釉を駆使した陶額など、それらすべてに独自の特徴を持っています。
 また、器物の表面に日記を綴るように文字によるメッセージを描く作品などは、当時の社会の動きやトラモンティの考え方を知ることができ、とても興味深いものがあります。
 もう一つの活動を示す絵画作品は、黒色で縁取りされた独特の表現方法を取り入れて、身近なモチーフを描きながらも陶芸作品に共通する詩的な雰囲気を漂わせています。
 2009年11月には、ローマのベネツィア宮殿博物館で展覧会が開催されて、イタリア国内で大きな反響を呼びました。現在は、イタリア国内を巡回する展覧会も開催されており、その評価は高まりつつあります。
 本展は、イタリアが育んだグェッリーノ・トラモンティの、初期から最晩年までの活動のすべてを、日本国内においてはじめて紹介する展覧会です。トラモンティの、陶芸家としてのフォルムと色彩の多彩な世界、そして、画家としての独自の色彩感覚から生まれた卓越した表現の世界など、一作家の持つ優れた才能とその作品、そして作家の世界観を堪能いただける内容となっています。

名  称 特別展 「イタリア・ファエンツァが育んだ色の魔術師―グェッリーノ・トラモンティ展」
会  場 瀬戸市美術館
日  程 平成24年06月09日(土) ~ 平成24年07月29日(日)
時  間 9:00~17:00 *入館は16:30まで
料  金 一 般  700円(560円)
高・大生 400円(320円)
※中学生以下、心身障害者、妊婦、65歳以上の方は無料
ご案内 1 【講演会】
「グェッリーノ・トラモンティの創作活動について」
日時:6月16日(土) 13:30~
講師:唐澤 昌宏氏(東京国立近代美術館工芸課長)
場所:瀬戸市文化センター文化交流館2階22会議室
※参加費無料、事前申し込み不要

【ギャラリートーク】(本館学芸員による作品解説)
日時:6月23日(土) 13:30~
場所:瀬戸市美術館 展示室
※事前申し込み不要、要入館料
ご案内 2 Cafe&Dining「ラ・フィーユ」(瀬戸市文化センター 文化交流館2階)に展覧会特別メニューが登場します。
問合せ先 瀬戸市美術館
〒489-0884 瀬戸市西茨町113-3 瀬戸市文化センター内
TEL:0561-84-1093/FAX:0561-85-0415
メールアドレス art@city.seto.lg.jp