トップページ >> 第2回 瀬戸・藤四郎トリエンナーレ -瀬戸の原土を活かして-

第2回 瀬戸・藤四郎トリエンナーレ -瀬戸の原土を活かして-

「第2回瀬戸・藤四郎トリエンナーレ」グランプリ(藤四郎賞)決定!!

 平成28年4月3日(日)に「第2回瀬戸・藤四郎トリエンナーレ」の審査を実施し、グランプリ(藤四郎賞)が決定しました。
  「第2回瀬戸・藤四郎トリエンナーレ」は、瀬戸市内の陶土採掘場で“自ら土を採集し”“自ら採集した土で粘土をつくり”“自らその粘土で制作する”同じ素材で競う公募展です。 昨年8月に全国から265名の方が瀬戸の採掘場で原土を採集し、3月27日(日)、28日(月)の二日間、141名の方が出品されました。
  141名の出品者の作品を4人の審査員が審査を行い、グランプリ(藤四郎賞)等入賞5点、入選69点、選外67点を決定しました。


スケジュール

出品募集:平成27年6月5日(金)~7月31日(金)
原土採集:平成27年8月22日(土)、23日(日) 265名参加
作品搬入:平成28年3月27日(日)、28日(月) 141名出品
審  査:平成28年4月3日(日)
表 彰 式 :平成28年4月16日(土)午前9時から 開 会 式

審査員

井上 雅之(多摩美術大学 教授)
唐澤 昌宏(東京国立近代美術館 工芸課長)
髙 満津子(陶芸研究家)
中島 晴美(多治見市陶磁器意匠研究所 所長)

審査結果表

審査結果 氏名 作品名
グランプリ
(藤四郎賞)
加藤 秀樹(46歳)
三重県四日市市
あ うん
審査員特別賞
(井上雅之賞)
岩田 結菜(24歳)
愛知県稲沢市
igu
審査員特別賞
(唐澤昌宏賞)
安藤 良輔(35歳)
愛知県安城市
雲の注器 白と黒
審査員特別賞
(髙 満津子賞)
塩谷 良太(37歳)
茨城県つくば市
頂で身を寄せ合う
審査員特別賞
(中島晴美賞)
松永 泰樹(61歳)
岐阜県多治見市
注ぐ形(loop)


第2回瀬戸・藤四郎トリエンナーレ受賞者作品


グランプリ(藤四郎賞)
加藤 秀樹(かとう ひでき)(46歳)
三重県四日市市
「あ うん」
幅96×奥行44×高さ57




審査員特別賞(井上雅之賞)
岩田 結菜(いわた ゆうな)(24歳)
愛知県稲沢市
「igu」
幅48×奥行43×高さ52




審査員特別賞(唐澤昌宏賞)
安藤 良輔(あんどう りょうすけ)(35歳)
愛知県安城市
「雲の注器 白と黒」
幅35×奥行20×高さ14




審査員特別賞(髙満津子賞)
塩谷 良太(しおや りょうた)(37歳)
茨城県つくば市
「頂で身を寄せ合う」
幅42×奥行54×高さ40




審査員特別賞(中島晴美賞)
松永 泰樹(まつなが たいき)(61歳)
岐阜県多治見市
「注ぐ形(loop)」
幅90×奥行85×高さ29



入選者番号
2 56 174
5 59 182
7 65 183
8 67 184
9 77 186
11 78 193
12 96 194
14 107 195
17 110 199
19 116 206
20 120 213
21 126 215
22 127 217
28 130 222
29 131 223
30 135 236
33 139 239
34 145 251
43 155 253
44 156 263
48 159 268
50 163 272
55 173 273


第2回瀬戸・藤四郎トリエンナーレ出品者内訳
■出品者数 141人(原土採集者 265人)

■年齢・男女別

年齢 男性 女性 応募者数(人)
10~19 0
20~29 7 9 16
30~39 9 7 16
40~49 23 7 30
50~59 15 4 19
60~69 28 4 32
70~79 19 3 22
80~89 6 0 6
合 計 107 34 141
※最年少は21歳、最年長は82歳

■居住地別
居住地  応募者数(人)
瀬戸市内 49
  愛知県内(瀬戸市内除く) 56
愛知県外 36
合  計 141
※西は広島県、東は茨城県




瀬戸は「せともののまち」として1000年余の歴史と伝統を有し、恵まれた風土を活かしながら偉大な先人達の努力と、それを変革していく新しい発想、技術力そして美的感覚によって、日本のやきもの産地の先導的な役割を担ってきました。瀬戸のこうした役割を再認識し、自然への畏敬の念と先達への感謝、陶都としての誇りのもと、瀬戸市内の陶土採掘場で、“自ら土を採集し” “自ら採集した土で粘土をつくり” “自らその粘土で制作する”公募展を開催します。
多くの方に瀬戸の優れた粘土を知っていただくとともに、3年に一度、陶芸の原点に立ち返っていただく場として、瀬戸に集い、瀬戸の原土に触れ、作品を作り、新たな交流を生み出すことにより、新たな陶芸文化の創造と伝統技術の継承・発展につながるものと期待しています。


今後のスケジュール

【作品搬入】
「作品搬入票」を添付し、直接、瀬戸市美術館(瀬戸市西茨町113-3)へ
お持ち込みください。
作品搬入票のダウンロードはこちら(doc 36kb)
※ 業者による代行や郵送による搬入はできません。

日 時: 平成28年3月27(日)・28日(月)
     午前10時~午後4時(時間厳守)

応募状況

第2回瀬戸・藤四郎トリエンナーレの出品募集を6月5日(金)から7月31日(金)までの期間で行いましたが、応募状況は下記のとおりです。
なお、応募者の内265人の方が8月22日(土)・23日(日)午前9時から午後4時までの間に愛知県陶磁器工業協同組合鉱山(瀬戸市西印所町)で原土の採集及び搬出を行いました。

1 応募総数 274人(内 新規応募者183人)
  ※ 参考:前回応募者数239人

2 年齢・男女別

年齢 男性 女性 応募者数(人)
10~19
20~29 19 22 41
30~39 28 23 51
40~49 38 15 53
50~59 29 10 39
60~69 43 50
70~79 26 30
80~89
合 計 192 82 274
最年少は18歳、最年長は82歳

3 居住地別
居住地 応募者数(人)
瀬戸市内 112
愛知県内(瀬戸市内除く) 104
愛知県外 58
合 計 274
西は広島県、東は茨城県

応募要項 (募集期間は終了しました)